中崎町かいせい保育園ブログ

2018.05.1

元気いっぱい、笑顔いっぱいの中崎っ子!

開園して1年が経ちました。進級したお友達と16名の新しいお友達を迎え、中崎町かいせい保育園は72名の子どもたちで30年度がスタートしました。新しいお友達も日ごとに慣れていき、かわいい笑顔が見られるようになりました。

 ブログでは、保育園での様子やたくましく成長していく様子をお伝えできたらと思っています。※写真は様子をお伝えするものなので、掲載している子どもに偏りが生じることがあるのをご了承ください。

0歳児ほしぐみ

家庭から離れて新しい環境に慣れるのは子どもにとっては大変なことです。大泣きしていた子どもたちは日ごとに慣れていき、置いてあるおもちゃを手に取っては”ぽいっ”なめては”ぽいっ”と探索活動をしています。成長が目まぐるしいほしぐみの子どもたちひとりひとりに寄り添い、おうちの方と一緒に成長を楽しみたいと思っています。

%e3%81%bb%e3%81%97

1歳児つきぐみ

進級した子ども5名と新入園児7名を迎え12名でスタートしました。新しい環境で泣いてしまう子どもも泣かずに遊べる時間が増え、笑顔が見られるようになってきています。ひとりひとりの子どもたちが安心して過ごせるように、子どもたちの気持ちに寄り添いご家庭と一緒に子どもたちの日々の成長を楽しんでいきたいと思っています。

%e3%81%a4%e3%81%8d

2歳児たいようぐみ

 12名全員が進級しました。”新しい担任はどんな人”かなっと、いやいやを言ったり甘えたりしながら毎日楽しそうに遊んでいる子どもたちです。お友達との関わりが出てきて、「いっしょにあそぼ」「いれて」「いいよ」というやり取りが聞こえてきます。まだ、自分の思いをどう伝えたらよいのか、どう関わったらよいのか等わからないことからトラブルも増えてきていますが、子どもたちと一緒に考えて行き友だちとうまく関われるように見守っていきたいと思います。

4%e6%9c%88

幼児クラス そらぐみ だいちぐみ

 3名の新入園児を迎え42名(各21名ずつ)でスタートしにぎやかになった幼児クラスです。みんなでいろいろな経験を通して仲間関係を育み頭も心も身体もいっぱい成長したいと思っています。

 こいのぼり制作

 そらぐみ、だいちぐみがそれぞれ3匹ずつこいのぼりを作りました。今年はどんなこいのぼりを作ろうか」「どんな模様にしようか」など、子どもたちが考えて制作しました。5歳児(きりんチーム)はこいのぼりの眼の色、ひげなどをデザインしてくれました。自分たちの作ったこいのぼりは屋上で毎日元気よく泳いでいます。

%e3%81%93%e3%81%84%e3%81%ae%e3%81%bc%e3%82%8a2

野菜の苗つけ、収穫

 とまと、きゅうり、ブロッコリー、オクラ、ピーマンなどの夏野菜の苗を5歳児(きりんチーム)が植えました。「ふかふかのお布団をかぶせてあげようね」と優しく土をかぶせていました。水やりは幼児クラスみんなで行い、新しい発見があると保育士や友だちに知らせてみんなで喜び合っています。また、秋に植えたいちごの苗には大きな赤いいちごがなり、収穫を楽しんでいます。採れたてのいちごは、給食やおやつに分けてつけてもらい、笑顔いっぱいの子どもたちです。自分たちが育てて収穫したいちごは特別美味しいようですよ。

%e5%b9%bc%e5%85%90