中崎町かいせい保育園ブログ

2021.10.12

運動💑ハッピー💞

 過ごしやすい気候に💑、戸外での活動が活発になってきました。活動的な子どもたちの様子をお伝えしたいと思います💞

⭐ほしぐみ☆ミ

 ハイハイや伝え歩きをしていた子どもたちも歩行が随分と安定して、階段の昇り降りができるようになり、屋上に遊びに行っています。滑り台の階段ものぼっては滑っています。また、お部屋ではトンネルをくぐったり、マットで作った山をよじ登って滑り台のように滑っています。

🌙つきぐみ🌙

 体を動かして遊ぶのが大好きな子どもたち。「まてまて~」と言って追いかけっこをしたり、お姉ちゃん、お兄ちゃんの真似をして、八角ジムによじ登ったり、鉄棒にぶら下がったりといろいろなことに挑戦しています。

🌞たいよう🌄

 八角ジムの2段目までしか登れなかった子が、3段、4段と登れるようになり、ちょっと得意げな表情で喜んでいます。また、追いかけっこが好きで、保育士が追いかけると、右、左とつかまらないようにかわしながら走っています。

🌎そらぐみだいちぐみ

 戸外遊びをたくさん楽しんでいます。ハッピーカーニバルでは日頃楽しんでいる運動遊びを見ていただけたかと思います。

≪走る≫

 3歳児は、目的に向かって15メートル走るということを目標に公園でも走っています。4歳児は、環状線リレーをしました。チームに分かれて次の人にタッチするというルールを理解し、力いっぱい走っています。5歳児は、バトンリレーをしました。自分たちで走る順番を決めたり、どうしたら勝てるのかを話し合って楽しんでいました。勝つ喜び、負ける悔しさの感情がわかるのも5歳児ならではの感情の芽生えです。

 子どもたちは、跳び箱や縄跳び、鉄棒等、自分で目標を決めて繰り返し経験する中で達成感ができ、次への意欲や自信へとつながっていきます。また、年下の子どもは、「お兄ちゃんみたいにやりたい」「こ~やったらできるんや」としっかり見て。年下の子どもも挑戦する姿へとつながり、異年齢保育だからこその伝承が始まっています。

 子どもたちや保護者の皆様の笑顔がたくさん見ることができて、とてもハッピーな気持ちになれました。保護者の皆様ご協力本当にありがとうございました。