かいせいプチ保育園 鶴見園ブログ

2020.07.14

みんなの笑顔と元気な声が帰ってきたよ✨✨✨

新型コロナウイルスで、今まで経験したことのない新年度を迎えました。

長期間に渡る家庭保育、短縮保育にご協力を頂いて、ありがとうございました。

みんな元気に登園出来て、子ども達の賑やかな声が戻ってきましたよ~✨✨✨

新しいお友達も入って来てくれて、最初は泣いていた子ども達もずいぶん慣れて、進級のお友達も、保育者に甘えたり、一緒に好きな玩具で遊びながら、安心して笑顔で過ごせるようになりました(*^-^*)

ひよこ組のお友達は男の子2人で、好きな遊びを見つけて遊べるようになったり、ハイハイや上手に歩いて室内を探索活動出来るようになって、元気いっぱいに遊んでくれていますよ~(^O^)

お散歩も大好きです✨✨✨

りす組のお友達は、歌や体操が大好きで、音楽が聞こえてくると、ノリノリで歌ったり、踊ったりしています💙

公園に行った時も、楽しそうに滑り台を滑り、保育者と手をつないで歩くことも上手になってきていますよ(*^▽^*)

うさぎ組の子ども達は、菜園で『なす🍆』と『トマト🍅』を植えました❢❢❢

石や砂をスコップで上手にプランターに入れて嬉しそうでしたよ(*^-^*)

水やりも喜んでしてくれています❢❢❢❢

降園時やお散歩の時にも、『大きくなってきた』『お花咲いた。きれいね』など、たくさんお話しています(^O^)/

ナスの収穫をした時も、においを嗅いだり、感触を楽しみ、それを少しずつ包丁で切っていくと、種が見えたり、中が花の模様になったりと変化していく姿に興味津々でしたよ♪

7月の壁面は、収穫したナスを見ながら絵の具を塗って製作をして、毎日、『なす、したね。なす、ここにあるね』と外のなすと部屋の中のなすを楽しんでいます❢❢❢❢

7月7日(火)は、七夕の集いに参加しました。朝の会や、お帰りの会で、七夕の歌をうたったり、クレパスやのり、シール、絵の具を使って、たくさんの七夕飾りを作ってこの日を楽しみにしてきました°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

七夕の集いでは、かわいい七夕の手遊びをして、各クラスが作った作品紹介をしてもらい、保育者による出し物のカードシアター『たなばたのおはなし』を見て楽しみました❣

由来にちなんだお話で、保育者が七夕の歌を鼻歌で歌うと、子ども達は『ささのは さ~ら さら~🎶』と自然と口ずさむことが出来ていたり、織り姫、彦星の表情を見て、『笑ってる。怒ってる。泣いてる。』など言いながら、一緒にまねっこをして可愛かったです❣

お帰りの会では、笹に短冊をつけて、みんなでお願い事をしましたよ(^O^)

その後、手を洗って消毒をして、椅子に座り、目の前に大きな天の川が❓❢

よく見てみると、天の川に星いっぱいのお星さまが流れていて、『うわ~きれいね~』と興味津々でしたよ~(⋈◍>◡<◍)。✧♡

『これなぁ~に?』と聞かれると、『おせんべい』と大きな声で教えてくれていましたよ♪

みんな思わず笑ってしまいました(^O^)

1人ずつ星を取っていき、袋を開けて、パクパク パリパリ、いい音を立てながら、美味しそうに食べて幸せそうでした✨✨✨

ひよこ組のお友達は、いつもの時間におやつを食べていたので、袋の中に、星とスズランテープが入ったきれいな風船の玩具を取って、遊んでいましたよ(*^▽^*)

振ると、中が動いてきれいだったので、投げて嬉しそうでした🎶

まだまだ、新型コロナウイルスも落ち着かないですが、毎日の手洗い、換気、消毒、密をなるべく避けながら、子ども達との時間を大切に過ごしていきたいと思います❣

今年度も、よろしくお願いいたします‼