中崎町かいせい保育園ブログ

2020.10.5

🍂秋のおとずれ~運動遊び~

 暑かった夏がようやく過ぎ、さわやかな秋がやってきました。散歩に出かけたり園庭で体いっぱい動かしてあそんでいます。

⭐ほしぐみ☆ミ

 這い這いしていた子も歩きだし、歩行もしっかりしてきた子は、保育園の中の階段を上って園庭に行き、ハウスの窓から外をのぞいてたり、鉄棒にぶらさがったりと活動範囲も広くなってきました。また、お部屋ではマットで作った山をよじ登ったり、またいだり、バランスを取ったり、身体を支えたりしながら動いています。これからも環境を工夫していろいろな経験ができるようにしていきたいと思います。

 

🌙つきぐみ🌙

 日頃から押す、ひっぱる、またぐ、くぐる、ぶらさがる、よじ登る、跳ぶ、散歩に出かけて歩く、走るなどを遊びの中で意識して取り入れて楽しんでいます。今まできなかったことができるようになる嬉しさから、何回か繰り返ししたり、様々な動きをとおして筋力や平衡感覚が少しずつ見についてきました。転ばずに走れるようになったり身体の動きもなめらかになってきましたよ。また、探索活動が好きなこの時期に背伸びやしゃがんだりする動作、段差の上がり降りなど、四肢を使った運動遊びをこれからもたくさん経験したいと思います。

 

🌞たいよう🌄

 園庭では八角ジムに興味を持ち始め、一人が「昨日よりも1つ上に登れたよ」と言い、その経験が積み重なり上る楽しさ、登れるようになった喜びがいろいろなことへの関心や意欲へとつながり、活発に動いて遊んでいます。また、追いかけっこが好きで、保育士につかまらないように右左へとかわしながら走っています。

 週に3回ほど散歩にも出かけています。春には手が届かなかった公園の鉄棒に必死に手を延ばしてぶら下がり体も成長した子どもたちです。

 

🌎そらぐみだいちぐみ

 ≪ミニハッピーカーニバル≫

 今年度は、コロナウイルスの影響で保育園の屋上園庭で年齢ごとに開催しました。普段使っている慣れ親しんだ園庭ということもあって、日頃と同じように楽しんでいました。

 ★3歳児(うさぎチーム)は、運動の基本動作が身に付くように簡単な動きを繰り返し楽しめるサーキット遊びを普段から楽しんでいます。

 

 ★4歳児(ぱんだチーム)は、今年のタッチリレーは走るだけでなくいろいろな動きをプラスして、くまさん歩きやスキップなどができるようになりました。

 

 ★5歳児(5歳児)は、親子競技のおんぶ騎馬戦やリレーでどうしたら勝てるかを何度もクラスごとで話し合い、試行錯誤を繰り返す中で勝つ喜びを負ける悔しさも知ることができ、クラスとしての一体感(チームワーク)が生まれ、当日は園生活最後の運動会を全力で力を出している懸命な姿が見られました。

 

≪和太鼓演奏≫ ♫なかざきまつり(^^♪

 中崎町かいせい保育園では、和太鼓に取り組んで4年目になります。年長児(5歳児)になったら叩けるということを知っている子どもたちは、憧れの太鼓を叩くのを楽しみにしていました。今年度は、和太鼓教育研究所の方に時の掛け声が子どもたちも大好きで、「まつりだ わっしょい」という掛け声にちなんで「なかざきまつり」と題名をつけました。お家の人に見てもらうという喜びと、緊張、不安、期待等、いろいろな感情を抱きながらも日が経つにつれ自信がつき、太鼓の音も力強くなっていき、みんなで音が揃い心が一つになっていくのをみんなで感じていました。

 例年は、夕涼み会で太鼓演奏をするのですが、今年度は5歳児の保護者のみになりましたが、年長児のたくましく成長した姿を観ていただけたと思います。