真田山かいせい保育園ブログ

2020.03.26

小さな春と子どもの育ち

🌺春がもうすぐそこに来ています!真田山かいせい保育園の子どもたちはいよいよ進級・卒園の時期を迎えています。園生活を「生活」と「遊び」という二つの場面からよく観て考え、支えてきた大人たちですが・・・大人が思った以上の「成長」を感じずにはいられません!子どもたちのひとり一人がこの一年で体験したことを大切な宝物として次の新しい年にジャンプしてほしいと願っています!!🌺

☆ほし組☆(0歳児)

春の陽気が感じられるようになり公園の遊びも活発になってきました。探索が大好きで木のトンネルを見つけるとどんどん奥へ進み大興奮です!「ここはなにかあるかなぁ?」と目をキラキラさせて探しています。鉄棒でのぶら下がりも得意顔です!この1年でたくさんの"できた"が見つかりました! 室内でもいろいろな発見ばかり!筒をトンネルにかけてチェーンを通したり、一本橋には布をかけて洗濯物を干すまねをしたり遊びに夢中のほし組です!(*^▽^*)

☽つき組☽(1歳児)

今年度最後のお楽しみ会は「ひな祭り」でした。ひな祭りの由来やお人形の話を真剣な表情で最後まで聞いている子どもたちには1年間の成長を感じました。自分で選んだ着物をのりで貼り付け目や口のシールをぺったん。小さなシールも指先を上手に使ってはがしたり、貼ったりできるようになりました。たり、笑ったり、泣いたり、ケンカしたりじゃれ合ったり・・・たくさんの経験をした1年間でした。楽しかったね!!(^_-)-☆

☀たいよう組(2歳児)☀

いよいよ、たいよう組での生活が終わり、進級の日が近づいてきました。先月より幼児クラスのお兄さん、お姉さんとの交流の時間を作り一緒に公園へ行ったりお部屋に行って遊んでもらったりしています。お兄さんお姉さんのすることに興味津々の子どもたち。「今日はだいち組に行かないの?」「早くそら組になりた~い!」と進級することに期待をもつようになりました。ほし組から3年間、つき組から2年間、乳児クラスで過ごした12人。赤ちゃんだった子どもたちがしっかりお話しするようになり、自分のこともたくさんできるようになりました。泣いたり、笑ったり、にぎやかで楽しい毎日でしたね!幼児クラスになってもまたいろんなことに挑戦し、お友だちといっぱい遊んで下さいね(*^-^*)

⛅そら組⛅(3・4・5歳児)

この一年間で子どもたちは一人ひとりが成長を遂げました。生活面では洋服を一つ一つ意識して丁寧に畳むこともできるようになりました。遊びでは仲間関係が密になりルールを相談しながら遊べるようにもなってきました。年長さんとのお別れはとても寂しいですが、子どもたちは進級することに期待をもち過ごしています。1年間温かく見守っていただきありがとうございました。(*^-^*)

🌲だいち組🌲(3・4・5・歳児)

ついに3月となりました。大好きな年長さんたちとお別れ・・・一つお兄さんお姉さんになる誇らしさとドキドキを子どもたちの言葉や表情から感じ取れる毎日です。日差しも温かくなり雪柳やボケ、ヒカン桜、梅などたくさんの花を公園で見ることができます。「どうして春は明るい色の花が多いの?」と問いかけると子どもたちは頭を寄せ合いいろいろな意見を出してくれました。最後はやはり図鑑で調べて解決!の1年で"分からないことは調べてみる"という力がつきました!  先月からのブームのあやとりは年長さんに、ゴム、飛行機、流れ星、星などの技を教えてもらった年中さん。年少さんはパンパンぼうきを教えてもらい得意気です。クラスにお兄さんお姉さんがいることの素晴らしさを子どもたちに教えてもらった1年間でした。ありがとうございました。