真田山かいせい保育園ブログ

2019.11.26

おもしろいことをみつけたよ!

🍂木枯らしが吹く季節となりました。今年の冬は寒くならないことを祈るばかりです。さて真田山かいせい保育園の子どもたちは移り行く季節を肌で感じ、目で見て、風の音を聞いて・・・それを面白がって遊びに変える力が備わってきています!毎日どんな遊びをしようか?と考えている姿はとってもかわいいです!!♡

☆ほし組(0歳児)☆

レンゲとお椀でのおままごと遊びも友だちと一緒に楽しむ姿が増えました!食べさせてあげようとしている子どもも大きな口を開けてとても嬉しそうです!

遠足ごっこの日は、お弁当でした。いつもと違う雰囲気の中嬉しそうにお弁当を見つめる子どもたち♪ふたを開けると「うわぁ~」と声が出るほど喜んでいました!心のこもった愛情たっぷりのお弁当を味わって食べていましたよ!!(*^-^*)

☽つき組(1歳児)☽

「今日はお弁当もってきてん!!」と朝から嬉しそうな子どもたち。いつもの通り手を洗って順番に自分の席につき目の前には愛情たっぷりの手作りお弁当!「ソーセージいっしょだ!」「ピーマンたべられるよ!」嬉しくて会話も弾みます。好きなおかずはもちろん、苦手なおかずもおいしく食べる子どもたちでした。お忙しい中お弁当作りをありがとうございました!!!(^^)!

☀たいよう組(2歳児)☀

日本中がわいたラグビーワールドカップ。見ていた子どもも多く、戸外ではラグビーごっこで盛り上がっています!おもちゃのラグビーボールを持ち、走る!追いかける!蹴ったり投げたりするのもなかなかかっこいいんです♡肩を組んで「ラグビーってこうするねんな!?」と言ってスクラムのまねをしたり「ぴーっぴーっ!」とホイッスルを吹くまねをしてレフリー役をする子どももいますよ。お部屋では「どんぐり」に興味をもって遊んでいます。だいち組さんにたくさんどんぐりをもらって大喜び!おままごとに使うのも楽しいですが、画用紙に貼り付けてみました。一つずつ慎重に立たせたり、帽子の部分を集めたり並べたり、いろんな貼り方を工夫する様子が見られました。とってもかわいらしくステキな「どんぐりの森」ができました。「スポーツの秋」「芸術の秋」を楽しんでいるたいよう組です。(^^♪

⛅そら組(3・4・5歳児)⛅

先日は待ちに待った、大阪城公園へ遠足に行ってきました。いつものお散歩のように交通ルールを守り、電車に乗る前もきちんと並んで・・・ちょぴり緊張感も味わいましたよ!現地では広ーいグランドでわらべ歌を楽しんだり、鬼ごっこやサッカー・縄跳びなどで遊びました。その後にはやっぱりお弁当!「早く食べたいよー!!」とみんなが楽しみにしていました。友達と見せ合いっこをしたりしながら、食べることを楽しんでいました!(*^-^*)

🌲だいち組(3・4・5歳児)🌲

 虫捕りのシーズンが終わり、今の子どもたちの興味はどんぐりや落ち葉といった秋の自然です。近くの公園には「マテバシイ」「シラカシ」の木があり実や葉の違いを観察しました。クヌギやコナラ・アラカシなど、種類の違うどんぐりをみつけて図鑑とにらめっこする姿もたくさんありました。どんぐりや木の枝を使ったリース作りから、製作する意欲が高まり様々な素材を使った工作に夢中になっているだいち組さんです。手作りの「車」はどうしたらタイヤがまわるのか?研究して仕上げましたよ!!自分たちの力でいろんなものを作り上げる姿がとってもかっこいいです♡(^_-)-