真田山かいせい保育園ブログ

2020.11.26

みて!みて~!!

毎日、「みて!みて~!」と、いろいろな様子を得意げに見せてくれる子どもたち。

お天気のいい日、寒い日・・・公園に出かけたり、お部屋で遊んだり。

秋から冬へと季節が移ろう中、子どもたちは、五感で感じてそれぞれ楽しんでいます。

☆ほし組(0歳児)☆

手先や指先を上手に使えるようになり、容器の小さな穴の中にフェルトを入れたり、真剣な表情で輪と輪をつなげて遊んだりしています。
たくさん入れたりつなげることが出来ると、にこっと嬉しそうです。

☽つき組(1歳児)☽

芸術の秋!!
子どもたちそれぞれが考えながら遊び、何をつくったのかを言葉で教えてくれるようになってきました。
「見て~これはでんしゃ!!」と背伸びをして高く積み上げていました。



↑↑「ここはおうち!!」と電車が通っている間におうちがあるのだと教えてくれました。


↑↑避難訓練で消防車を見た後、お部屋で消火活動のマネごっこをしていました!
「シュシュシュ~」と言う声が今にもきこえてきそうです!!

☀たいよう組(2歳児)☀

たいよう組に芸術の秋がやってきました
ひも通しにキラキラパーツを通してアクセサリー作り。
色や形にもそれぞれのこだわりがあり、個性豊かに作っています。

公園に行き、秋の自然物、どんぐりや落ち葉も集めています。
保育園に持ち帰ると、さっそく『ばけばけはっぱ』の絵本を見ながら、「これ同じ~!」「ばけばけがいっぱい」と盛り上がっています。

集めたどんぐりやはっぱを使って、次はどんな芸術作品ができるのか?子ども達の新しい発想が楽しみです。

⛅そら組(3,4,5歳児)⛅

先日、そら組とだいち組で、久しぶりのクッキングで『お好み焼き』を作りました。
年長さんは、キャベツを包丁で切ることにも挑戦しました。ひとつひとつ、ていねいに、慎重に切る姿がありました。
 年中さん、年少さんは、材料を混ぜてから、焼く工程をしました。
 だんだんといい匂いがして「なんかおいしそうなにおいがしてきた~」「早く食べたい~」とたくさんおかわりをしていました。

🌲だいち組(3,4,5歳児)🌲

寒くなってきて秋らしい季節になってきました。
紅葉もきれいになり、落ち葉や木の実にも興味が出てきただいち組さんは、どんぐりやきれいな落ち葉をいっぱい拾って園に持って帰りました。
自分用の袋を持って行ったり、袋が破れてどんぐりがたくさん落ちてしまったりとハプニングもありながら秋の自然物に触れることができました。
持って帰ったどんぐりや落ち葉を押し葉にしたり、かわいくデコレーションしたり、飾った後も作品を見て嬉しそうに説明していました。